グーグルアナリティクス個人認定資格(GAIQ)の対策や受け方は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GAIQの資格取得ってどうしたらいいの?

勉強法は?費用は?デメリットはあるの?

そんな疑問にお答えします。

資格を取得しあなたの価値を高めてください。

 

GAIQの資格取得方法とメリット・デメリットは?

 

 

GAIQ(Google アナリティクス個人認定資格)とは?

GAIQとはGoogle Analytics Individual Qualificationの略称で、日本では「グーグルアナリティクス個人認定資格」と呼ばれており、グーグルアナリティクス個人認定資格はアナリティクスの理解度を認定するもので、試験に合格した個人に与えられ、デジタル解析全般に対して一定レベルの理解度に達していることを証明するものです。

社内はもちろん、社外の顧客に対しても、最大限にGoogleアナリティクスの能力を引き出せると認められた存在になります。

Google Partnersプログラムに参加していれば、無料でグーグルアナリティクス個人認定資格の試験を受けられます。

 

資格取得のメリット・デメリット

Google アナリティクス個人認定資格を取得するメリットは何と言ってもGoogleが公式に認定しているという点でしょう。

個人の価値を高めクライアントに信頼感を持たせることができます。

そして、Googleが用意した学習プログラムが無料で活用できるうえ、受験料も無料です。

つまり、学習から資格取得までを完全に無料で行えるのです。

金銭的負担がないのはうれしいですね。

コストがかからず資格を取得できるのであればデメリットはないに等しいでしょう。

それでもデメリットを強いて挙げるなら有効期限があり合格後18ヶ月で切れてしまうので、必要であれば再受験しなければならないことくらいでしょう。

 

 

資格取得のための勉強方法

GAIQの勉強方法は先に述べた通りGoogleが用意した学習プログラムを無料で受けられます。

ですが、Googleの用意した学習プログラムは英語で書かれており、どうにも英語が苦手な方や、翻訳しても読みづらい、PC画面で見続けるのはしんどいという方は参考書を購入するのもいいでしょう。

参考書や問題集はたくさんあるので自分に合いそうなものをチョイスして、わからない用語があったり、より詳細が知りたいときにはネットで検索するなどして補完してあげれば十分事足りると思います。

 

試験内容について

最後に試験内容についてですが試験時間は90分です。

先に述べましたが、受験料は無料。

全70問で合格基準は正答率80%以上。(56問正解で合格)

90分間で70問を解く必要があるので1問あたり1分少々しか時間がかけられません。

さらに、一度解答したら前の問題には戻れません。

いかに迅速かつ正確に問題を把握し解答していくかが鍵になります。

しかし、現在は再受験までのインターバルがなくなったようです。

もちろん再受験も無料。

とはいえ、GAIQでは正答のの開示がありませんので、すぐに再受験というよりも対策しなおしてからの方がむしろ近道のように思えます。

試験日時はあなたの都合のいい時にネット環境さえあればいつでも受験可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*