ITパスポート試験(iパス)とは?資格取得方法や難易度は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITパスポート試験(iパス)の資格取得ってどうしたらいいの?

勉強法は?費用は?デメリットはあるの?

そんな疑問にお答えします。

資格を取得しあなたの価値を高めてください。

また、こういった資格の専門学校予備校に通うのも一つの手ですね!

ITパスポートや基本情技術者の資格は司法試験予備校が併用して行っている場合が多いようですので、司法試験予備試験講師一覧、評判やランキングなどを見て専門学校を選んでみましょう

 

ITパスポート試験(iパス)の資格取得方法とメリット・デメリットは?

ITパスポート試験(iパス)とは?

ITパスポート試験とは、国家試験である情報処理技術者試験の中の、一つの試験の区分です。
ITパスポート試験という正式名称では少し長いので、iパスと言う略称で呼ばれることがほとんどです。

ITパスポート試験は、ITを利用するすべての学生や社会人を対象とした試験です。
ITパスポート試験に合格することで、ITに関する知識の基礎的な部分が身についているという事を証明することができます。

ITは現代で生活・仕事をする上で避けては通れない、主要なテクノロジーです。
ITパスポート試験の難易度は高過ぎず、低すぎず、そして信頼できる国家試験であるというところから、年々受験者が増加しています。
受験者は10代から20代の学生・社会人が主です。
また、IT系の資格ではありますが、文系の学生や非IT系企業に勤めている社会人の割合が半数以上を占めます。
もちろん、理系の学生やIT系企業に勤めている社会人の方が受験することもあります。

 

資格取得のメリット・デメリット

ITパスポート試験合格・取得のメリットは、上の「ITパスポート試験(iパス)とは?」という項目でも述べていますが、
ITに関する知識の基礎的な部分が身についているという事を証明することができるという点です。
ベンダー系の資格に比べると、合格者・取得者の知識への信頼性が高いというのが、国家試験であるITパスポート試験の良い所と言えるでしょう。

一方で、ITパスポート試験合格・取得のデメリットですが、ITに関する知識が身についているという証明にはなっても、
その知識はあくまでも基礎的な部分でしかないという点です。
ITパスポート試験に合格しても、それだけでプログラマーやシステムエンジニアとしてすぐ就職するというのは厳しいようです。

文系の学生や社会人が、ITについて学んだという事を証明したり、ITパスポート試験の二つ上難易度の基本情報技術者試験への足掛かりとして勉強・合格するというのが一般的です。
また、就職活動時のエントリーシートの取得している資格欄に記入することで応募者の評価が高くなったり、社員教育や社内研修などで活用している企業もあります。

 

資格取得のための勉強方法

日頃からパソコンなどに慣れ親しんでいる人がITパスポート試験に合格する為には、100時間程度の勉強時間が必要と言われています。
毎日2時間勉強すると、50日目で100時間を達成することができます。
ですので、ITパスポート試験に合格するためには、最低でも2か月前から勉強を始めないといけないと思ったほうがいいでしょう。

ITパスポート試験の上のレベルの基本情報技術者試験などは、過去問が多く流用されるという特徴があったので、過去問を重点的に勉強するのを勧められるのですが、
ITパスポート試験は他の試験に比べて試験時間が短いので、過去問の出題がほぼなくなっています。

ITパスポート試験に合格する為の有効な勉強方法は、参考書を読み込んだり、まとめノートを作成するインプットを7割から8割に、
過去問や予想問題を解くアウトプットを3割から2割にして勉強するといいでしょう。
分野などで区切り、ある程度のインプットができたら過去問や予想問題を解いて、自分がどこを理解していないのか確認するという勉強を繰り返し行ってみるのもいいでしょう。

 

試験内容について

ITパスポート試験の試験時間は120分(2時間)です。
4つの選択肢の中から1つ正解(または不正解)を選択する四肢択一式の問題が、100問あります。

出題される分野は大きく3つに分かれています。
1つは、企業活動、経営戦略などのマネジメント、システム戦略などから構成される、経営全般に関わる問題のストラテジ系です。

もう1つは、IT管理に関するマネジメント系で、サービスやプロジェクトのマネジメント、システムやソフトウェアの開発技術についての分野です。

最後はIT技術に関する分野で、テクノロジ系です。テクノロジ系は、アルゴリズムなどの基礎理論から、ネットワークやセキュリティなどについて問われます。

ITパスポート試験は、CBT方式で行われます。
CBT方式とは、受験者があらかじめ指定された会場に行き、会場のコンピュータに表示されている問題を、マウスやキーボードを使って回答していくという試験方式です。
ITパスポート試験は、様々な受験会場、様々な試験日程で行われているので、受験者の好きな時間や場所で受験することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*