アドビ認定エキスパート(ACE)の受験料や試験の詳細は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アドビ認定エキスパートの資格ってどうすれば取得できるの?

勉強法や費用は?取得することのメリット・デメリットは?

そんな疑問にお答えします。

アドビ認定エキスパートとなってあなたの価値を高めてください。

 

アドビ認定エキスパートの取得方法とメリット・デメリット

 

アドビ認定エキスパート(ACE)とは?

アドビ認定エキスパート(ACE)とはアドビのソフトウェア製品の専門的な知識とスキルを有することを証明する資格で、アドビ認定エキスパートになるには1科目以上の製品別試験に合格することでなれます。

 

資格取得のメリット・デメリット

最大のメリットは就職・転職に際して自身に付加価値を加えアピールポイントとすることができます。
また資格取得のために得た知識や技術はそのまま実務に活かせますので、作業効率も上がります。
デメリットとしては認定試験が複数ありそれぞれで受験料を支払う必要があります。
受験料はそれぞれ10,584円です。
取得した資格の対象製品がアップグレードされたると新たな認定試験が発表されますが、発表後90日で保有する資格は失効してしまいます。
というか保有する資格が古いバージョンのものになってしまうのです。
そのためACEでい続けるには、常に最新の認定試験を受け続ける必要があり不定期に受験料が必要になります。
とはいえ、しっかりと学習し合格すればあなた自身に返ってくるものですし、これを高いととるか自己投資と捉えるかは個人の判断になりますね。

 

 

資格取得のための勉強方法

勉強方法としては、多くの方はやはり参考書などの教材に頼ることになるでしょう。
あとはひたすら実践を繰り返すことになると思います。
あるいは対策講座を実施しているスクールもあるので、スクールでの学習になります。
わからないことがあった場合、質問ができるというのがスクールの一番の強みになるでしょう。
スクールに通えればより確実だと思いますが、その分費用がかかりますし時間も必要になります。
無理してモチベーションを下げても仕方ないので、ご自身にあった学習法で無理なく学ばれることをおすすめします。

 

試験内容について

試験の申し込みは会場に直接申し込みます。
アドビ認定エキスパート試験の試験科目は以下になります。
・Photoshop CC
・Photoshop CS6
・Illustrator CC
それぞれ40~45問前後で試験時間は50分です。
また受験料はそれぞれ10,584円(税込み)です。
再受験をする場合、同じ科目の2回目の受験は前回の受験から24時空ける必要があり、3回目以降であれば、前回の受験から120時間空ける必要があります。
試験結果は試験終了直後に判定され、試験結果レポートを受け取れます。
合格者には4~6週間後に認定証が郵送されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*