ITストラテジスト試験(ST)のメリットって?合格率は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ITストラテジスト試験(ST)ってどうすれば取得できるの?

勉強法や費用は?

取得することのメリット・デメリットは?

そんな疑問にお答えします。

ITストラテジスト試験(ST)資格を取得してあなたの価値を高めてください。

 

ITストラテジスト試験(ST)の勉強・取得方法とメリット・デメリット

 

 

ITストラテジスト試験(ST)とは?

ITストラテジスト試験(ST)とは企業の経営戦略のプロセスをITを活用して改革したり高度化、最適化することができる人材を作ることを目的に行われています。

ITコンサルタントを目指している方に最適といえる資格です。

 

資格取得のメリット・デメリット

ITストラテジスト試験を受けることのメリットはやはりその資格の取得難易度の高さもあり周囲からの評価という点ではないでしょうか?

就職・転職の際、有利に働きますし、資格があることで昇格・昇進といったことも望めるでしょう。

単純にできる仕事の幅が広がることは間違いありません。

デメリットとしてはなんといっても、勉強に時間割かなければないことです。

勉強に時間を割くなんて当たり前に思うかもしれませんが、難易度が高い分半端な学習では合格はかなり厳しいでしょう。

毎日のようにある程度プライベートを犠牲にしていくことになります。

もちろんその覚悟があれば問題はありませんが。

そして、資格を取得したのちに周りからの期待値は跳ね上がるものと思います。

そこにプレッシャーを感じるようだと少し辛いかもしれませんね。

しかし、できることを増やした結果そこを求められているだけなので気にしてもしょうがないでしょう。

 

資格取得のための勉強方法

ITストラテジスト試験合格者のほとんどが参考書を使って勉強しています。

過去問を数百問ひたすら解き続けたり、論文は事前にある程度準備しておくなどして対策されています。

スクールや、講座などもありますのでご自身に合った方法で準備・対策されてください。

 

 

試験内容について

試験は年に1度、10月の第3日曜日に行われており、受験料は5,700円です。

午前Ⅰ・Ⅱと午後Ⅰ・Ⅱの4つに分かれています。

なお応用情報技術者試験の合格者など一部条件によっては申請すると午前Ⅰの試験が免除になります。

午前Ⅰは試験時間50分で4択問題の全30問中30問解答が必須、午前Ⅱは試験時間40分でこちらも4択問題になっており全25問中25問解答が必須、午後Ⅰは試験時間90分で記述式で4問中2問回答、午後Ⅱは試験時間120分で論述式で3問中1問回答。

午前Ⅰ・Ⅱと午後Ⅰは満点の60%以上、午後ⅡはランクAが合格基準になります。

 

合格率はどのくらい?

合格率は14%前後となっており、そもそも情報処理試験の中でも受験者の数が少ないITストラテジスト試験ですが、それでも低い水準での推移となっています。

平成28年度においては6,676名の応募がありましたが毎年実受験者は応募人数から2~3000人ほど減ります。

平成28年は合格率は14%でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*